昨今の「ラーメンブーム」のおかげでご存じの方も多いかと思いますが、この山形県は「ラーメン消費量」全国第1位の「麺好きの県」として知られています。 古くから日本蕎麦には定評があり、麺類に慣れ親しむ風土が生まれました。その流れを受け継いだラーメンも大変好まれ、「支那そば」として愛されました。訪れた他県の方々の間でも「山形のラーメンは旨い!」と評判でした。そうした時代の中で当店は誕生しました。「龍上海」は昭和33年に先代佐藤一美により、製麺から調理まで一貫した「自家製ラーメンの店」として赤湯の町に創業しました。縮れた太い独特な麺はたちまち評判を呼び、「龍上海」の名は瞬く間に県内に広がっていきました。 メニューも普通の「しょうゆラーメン」がメインでした。しかし開店当初は、仕込んだスープも大半が残ってしまい、当然のごとく、そのスープは毎日私たち家族の食卓にのぼり、それ以降、私たちと残されたスープとの戦いがはじまったのです。まず考えついたのが、スープに各々好みの薬味や調味料を加え、味噌汁がわりにするということです。そうした涙ぐましい?努力を続けていた昭和35年のある日、一美の脳裏にあるアイデアがひらめきました。「そうだ!味噌味のまったく新しいラーメンは出来ないだろうか?!」。後の「辛味噌ラーメン」につながるアイデアが生まれたのです。
一美は早速ラーメンの試作を始めました。目指したのは、赤湯地区で江戸時代から生産されていた「石焼南蛮」と秘伝の香辛料を使った辛い味噌ラーメンです。 そんなある日、遂に念願の「辛味噌ラーメン」の原型が完成しました。 札幌ラーメンがその名を全国に知られるようになったのが昭和45年〜46年頃ですから、この「辛味噌ラーメン」は、なんとその10年以上前には既に誕生していたことになるわけです。 これが「赤湯辛味噌ラーメン」誕生のいきさつです。

 会社名  有限会社 赤湯ラーメン 龍上海
 所在地  〒999-2231 山形県南陽市赤湯二色根6-18
 設立年月日  1958年(昭和33年)7月
 代表者名  佐藤 春美
 電話番号  0238-43-4426
 FAX番号  0238-40-2088
 HPアドレス  http://wwww.ryushanhai.com
 Eメール  info@ryushanhai.com
 営業時間  11:30〜19:00
 定休日  毎週水曜日
 ウェブ管理者  佐藤元保

 

 

からみそ伝説
会社案内 プライバシーポリシー リンク
トップページ
店舗案内
お品書き
お店の歴史
サイトマップ
お問い合わせ
楽天オンラインショップ「モットー」
新横浜ラーメン博物館店
ウェブマガジン旅色の山形グルメ&観光特集に紹介されました
 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得