昭和33年開店以来、「龍上海」はたくさんのお客様に支えられてまいりましたが、ここに至るまでには幾多の困難がありました。それを乗り越えられたのは、家族の強い「絆」と皆様のご愛顧があったからにほかなりません。そんな「龍上海の歴史」を少しだけご紹介します。

 初代 佐藤一美 
「赤湯辛味噌ラーメン」の生みの親
 「美味しいラーメンを食べてもらいたい!」と、ただ一途にラーメン作りに打ち込んだ、根っからの職人であった初代。そして愛情深いその人柄が家族の絆をより強くし、あたたかいラーメンを育んできたのだと思う。その魂は我々にしっかりと受け継がれ、その味は今日でも多くのお客様から愛されております。

 
 二代目 佐藤春美 
「ラーメンは俺の人生みたいなもの。」
 開店当時11歳の父春美は「毎日ラーメンが食べられる!」と喜んだが、初代は決して作ってくれなかったそうです。「食べたかったら自分で作れ!」。それが返事でした。食べたい一心の父はそれをきっかけにラーメンを作りはじめます。それが父の「ラーメン道」への第一歩だったのでしょう。 初代は父のラーメンを食べ、怒るでも教えるでもなく、ただ自分の感じた事だけを伝えたそうです。父はそんな初代に美味しいラーメンを食べさせたくて、来る日も来る日も作り続けたのでした。 そんなある日、夕食で余ったスープに味噌を入れて食べていた時、味噌汁にラーメンを入れることを思いつくのです。それが後の「辛味噌ラーメン」を生み出すきっかけでした。高校卒業後に店を譲り受けて以来、「町の食堂では終わりたくない!」と、ずっと精進し続けた父ですが、今日の「龍上海」があるは、父の大変な努力があったからなのです。
 

 三代目 佐藤元保
先代から受け継いだ「人の道」と「ラーメン道」
父より店を任されてから数年経ちましたが、先代から学ぶものはまだまだ多く、今に至っても更にラーメン作りの奥深さを実感しています。
「一生かかっても初代を追い越すことは出来ない。」
父が先日こんなことを言っていました。尊敬する父にここまで言わしめる「ラーメン道」とは、如何に険しいものか?改めて身の引き締まる思いで、父の言葉をかみしめました。これからも「一杯のどんぶり」に真心を込めて、「龍上海」を愛してくださるお客様に、心からご満足いただけるラーメンを作り続けたいと思っております。今後ともご愛顧の程、宜しくお願い致します。

 

 

からみそ伝説
会社案内 プライバシーポリシー リンク
トップページ
店舗案内
お品書き
お店の歴史
サイトマップ
お問い合わせ
楽天オンラインショップ「モットー」
新横浜ラーメン博物館店
ウェブマガジン旅色の山形グルメ&観光特集に紹介されました
 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得